看護師は転職サイトを使うべき?実際に使ってみた8人の看護師の体験レポート

tnsksite

転職サイトに興味があるけど、なんとなく不安な看護師の皆さんこんにちは!

転職サイトは便利といわれる反面、いざ使うとなると色々不安もありますよね。

「しつこいんじゃないか」
「騙されるんじゃないか」
「ブラック病院を勧められるんじゃないか」

そこで今回は実際に転職サイトを利用した人の感想を見て、
成功した秘訣、失敗した理由を考えてみましょう。

転職サイト使って正解!

tnsksite (2)

まずは転職サイトを使って転職に成功した例を見てみましょう。

入職前に病院の雰囲気が分かってよかった

20代 循環器内科
看護roo!

看護rooを通じて循環器内科に転職をしました。
初めての転職サイトは不安だらけでしたが、使ってよかったです。
私は前の職場を人間関係のゴタゴタで辞めたので、病院の雰囲気がどうなのかが一番不安でした。
自分で調べても給与や休日のようなデータ以外出てきませんし、「雰囲気の良い職場です!」と書かれても信用できるのかどうか……。

そこで少しでも職場の雰囲気が分かれば、と看護rooを使ってみたんです。
あまり期待してはいなかったのですが、こんなことまでわかるのかと正直びっくりしました。

特に直近の離職率と退職理由、スタッフの人数や年齢層などが分かったのはかなり助かりました!

実際入職した後も特にイメージとのギャップもなく、予想通りの病院でした。
懸念していた職場の雰囲気も良く、それなりに充実した日々を送っています。
実際入職して全然違ったらどうしようと実はギリギリまで不安だったのは内緒です(笑)

担当の方は内定後も色々フォローしてくれましたし、素直に使ってよかったと思えました。

担当と話すうちに自分の本当の気持ちがわかった

30代 整形外科
ナース人材バンク

転職サイトを使って精神科から整形外科に転職しました。
今まで何度も転職を繰り返したどり着いた精神科。
これが最後の職場だと覚悟を決めていたのですが、自分も精神をやられてしまいました。

「私には向いていない」
「どこにいっても一緒だ」
「もうこの世界を諦めよう」

そう思っていたのですが友人の勧めで最後に転職サイトに登録することに。
話だけでも聞いてもらえと友人に言われ、転職というより「プロのコンサルタントさんに相談する」つもりでした。

担当の方はとても親身に相談に乗ってくれました。
プロはすごいです。経験も知識も豊富で、私の話をうまく引き出してくれます。

そして担当の方と話すうちに、自分でも分からなかった本当の自分の気持ちに気づけたんです。
今までの私は仕事が出来ず人間関係が悪くなり、楽な職場楽な職場へと逃げてきていました。
でも私が本当にしたいことは「患者さんから感謝される看護」だったんです。

自分のダメさばかりがトラウマになり、本当の自分の気持ちがわからなくなっていました。
そんなことでは看護師としてやりがいを感じられないのは当然です。

結局現在は担当の方のアドバイスで整形外科のクリニックに勤務しています。
今も仕事は大変です。怒られることも多いです。
しかし、とてもやりがいを持って働くことができるようになりました。

きっと自分一人では看護師を辞めてしまっていたはずです。
勧めてくれた友人と、転職サイトの担当の方に感謝です。

苦手だった面接に自信がついた

30代 外科
看護のお仕事

看護のお仕事という転職サイトで外科に転職した30代看護師です。
転職を決意したのはいいけれど、一つとても不安なことがありました。

それは「面接」です。

私は内気な性格で、声も小さいため、いつも先輩に怒られています。
看護に掛ける情熱は誰にも負けない気持ちはあっても、どうしてもおどおどしてしまう性格なんです。

初めて会う人、ましてやそれが面接担当だったらなおさらです。
考えただけで不安で胃が痛くなります。

ある日転職サイトには面接のサポートがあると知り、申し込むことにしました。
正直あまり期待していなかったのですが、これがとても頼りになりました!

様々なアドバイスはもちろん、履歴書の書き方や面接時の服装、そして面接の練習まで!
特に面接の練習に付き合ってもらいその場でプロのアドバイスをもらえるのは、私みたいな緊張しいには本当に役立ちました。

更に本番の面接にも同行していただき、聞き逃しの無いよう上手くリードしてもらいました。
自分の味方が一人いるだけでとても心強く、聞きづらい質問は代わりにしてくれたりととても助かりました。

おかげで無事内定をいただき、入職することになりました。

入職後も色々と相談に乗ってくださり、おかげで新しい職場にも上手く溶け込むことができました。
もし転職サイトを使わず全て一人でやらなきゃいけなかったとしたらと考えるとゾッとします。

私のようなコミュ障には、転職サイトという相談相手はとても強い味方となりました。

転職サイト使って失敗……

tnsksite (3)

次は転職サイトを使って後悔している、失敗だったという例です。

ストーカーのように電話がくる

20代 小児科クリニック

ゆとりのある生活を求めて大学病院からクリニックへ転職しました。

転職経験が無かったので何もかも分からないことだらけ。
辞め方も分からなければ、履歴書の書き方も忘却の彼方。
これではダメだと何社か転職サイトに登録したのですが、その中の一社がズバ抜けて悪質でした。

「残業少なく、仕事もキツくない」と希望を出したのに、勧められたのは超急性期の脳神経内科。
あまりの真逆さに笑ってしまいましたが、笑いごとじゃない。
条件と違うということを伝えると「そんな楽な職場はあるわけない」と。
そこであぁもうダメだと思い、「参考にします」とだけ伝えて放置。

そこからほぼ毎日電話がかかってくるようになりました。
一日に二度かかってきたこともあります。
もともと精神が強い方ではなかったので、この電話にはかなりメンタルをやられました。

結局親切にしてくれた他の転職サイトから現在の病院に決め、例の業者は着信拒否に。
今でも知らない番号から着信が来るとゾッとします。

担当が変わって同じことを説明させられた

30代 内科

消化器内科から内科に転職をしました。
前の職場はあまりにも仕事が忙しく、辞めたくても転職活動なんてできる時間は一切ありませんでした。
そこで自分で探すより楽になるかと転職サイトに登録したのですが、大失敗でした。

登録するとすぐに連絡が来て、開口一番「カウンセリングの日を決めましょう」
いや、そんな時間は無いので電話で済ませたいと伝えてもどうしても直接会いたいとのこと。
なんとか時間作って行きましたよ。まぁカウンセリングは必要なので仕方ないですね。

問題はその後。
1週間ほどすると別の方から電話が入り、「担当者が退職したので変更になります」と。
早くない!?と思ったのですが、仕方ないことなので了承しました。
そうしたら……

「新しい担当者からまた連絡させますのでもう一度条件等相談させてください」

この前の面談は一体何だったの!?
当然今回は電話で済ませましたが、新しい担当曰く「挨拶も兼ねて、誤解のないようにもう一度聞きたい」とのこと。
私の時間をなんだと思っているんだ……。
そっちは仕事だからいいだろうけどさ。こっちは時間が無いから利用しているのに。
「話を聞いてくれる」と「何度も同じ話をさせる」は全く違うんですよ……。

もう何もかもが面倒になり、言われるまま現在の内科に就職。
不満は特に無いけど、もう転職サイトはうんざりです。

ブラック病院を紹介された

20代 小児科

転職サイトを通じてもともと興味のあった小児科に転職しました。
新卒で入ったNICUはやりがいはあったのですがとても大変で……。
わらにもすがる思いで転職サイトに登録しました。

転職をするのも初めてなら、転職サイトを使うのも初めて。
面倒なんじゃないか、担当の人は怖いんじゃないか、今の職場にバレるんじゃないか、と不安なことだらけ。

連絡はすぐに来ました。
担当の方はとても気さくで話も上手く、優しく接してくれました。
今までよく頑張ってきましたねと言われて泣いてしまったのはやっぱりちょっと追い詰められてたのかな(笑)

ここまでなら良い話なんですが、こっからが最悪でした。

NICUの張り詰めたピリピリした環境が辛かったので、次は雰囲気の良い病院をと希望を出していました。
いくつか紹介してもらった中に、給与がズバ抜けて高く、雰囲気も良い、福利厚生もしっかりしているという好待遇の案件があり、そこに転職することになりました。

しかし実際に入職してみると、転職サイトから聞いていた条件と全然違ったんです!
給与も7~8万少なく、有給も使えない。福利厚生なんて形だけ。
しまいには上司がとんでもないパワハラ女で、いびられる毎日……。

転職先はいじめや環境の悪さから離職率がめちゃくちゃ高く、年中求人を出しているブラック病院だったんです。

「雰囲気もよく、上司も優しい」って話も、聞いていた条件も、実際は全く違うと担当に文句を言うも、「人間関係は合う合わないがあるし、条件も変更することがある」と取り合ってもらえませんでした。
確かにそうかもしれないけど、これじゃ詐欺も同然です。

結局、その病院は1年も経たずに辞め、今は別の小児科で働いています。
この一件があって以来、転職サイトには苦手意識があります。

転職サイトの使い方いろいろ

tnsksite (1)

自分の価値を知るツール

20代 循環器内科

正しい使い方ではないのかもしれませんが、私は転職サイトを自分の価値を評価してもらう為に使っています。

転職サイトは経歴や資格、適性から自分の看護師としての現在の価値を算出してくれます。
地域や年齢の平均給与のデータもあるので、今の自分がどれくらい価値があって、どの立ち位置にいるのかが簡単に分かります。
それを踏まえた上で、キャリアアップを目指すもよし、現状に満足するもよし。

私は結構恵まれた環境にいることが分かったので、今は特に転職は考えていません。
自分の価値が分かることで、転職することがプラスになるかどうかの判断をつけられるようになりました。

もしこれが今よりもっとしんどくなって、良い求人があったら転職しようかな(笑)

非公開求人に触れられる

30代 産婦人科

産婦人科で働く看護師です。
仕事は辛いけど、やりがいがあるけど、辛いです(笑)
職業柄仕方ないのかなと思いながらも、私が知らないだけでもっと良い環境があるのではないかと夢見ています。
とはいえ、今の安定した生活を捨てる勇気もなく、とりあえず仕事を続けながら転職サイトにだけ登録しています。

転職サイトは一般に公開されていない非公開の求人があります。
非公開の理由はずばり好待遇だから。
一般の求人サイトに載っていない好待遇な案件がちょくちょく目に入ります。
数は多くないですけどね。

すぐに転職とまではいかなくても、いざ辞めたいとなったらすぐにでも辞められる。
そう考えられるようになり、とても仕事が楽に感じるようになりました。
「辞めたくても辞められない」ということに無意識に結構ストレスを感じていたんですね。

今は慌てることもないので、ゆっくり病院選びをしている段階です。
担当の方もとても優しく、それでもいいよと言ってくれるので甘えています(笑)

まとめ

転職サイトはとても便利なものです。
自分では分からない情報や求人、転職のコツをプロのスタッフが教えてくれます。

しかし、中には質の悪いサイトがあるのも事実です。
特に最近は、大手だから安心、というような簡単なものでもなくなっています。

悪徳業者に騙されないようにする為には、複数のサイトに登録するというのがよいでしょう。
一つの情報に流されず、各サイトを比較し見極めることが大切です。

せっかくの転職を無駄にしないように、自分に合った転職サイトを選びましょう。
そうすれば、転職サイトはあなたのとても強い味方になってくれるはずです。