看護師が転職に5回失敗して学んだ転職サイトの正しい選び方

著者プロフィール:
東京都在住・37歳・女
看護師12年目
転職に5回も失敗したキクチ

みなさん、お久しぶりです!
転職に5回も失敗して、最近ようやく落ち着ける病院を見つけたキクチです。

みなさんは「転職サイト」って知ってますか?

私は、転職サイトに恨みとトラウマがあって敬遠してたのですが、皮肉にも転職サイトのおかげで転職に成功してしまい・・・。

ということで久しぶりの記事は、
「転職サイトの正しい選び方」を書いてみます。

転職サイトを実際に利用したナース目線で語りますね!

5回の失敗から学んだ転職のイロハ


さて。本題に入る前にいきなり脱線します!

転職サイトを嫌っていた私が、なぜ転職サイトを利用することになったのか?

過去の私はハロワ、求人誌、知人からの紹介などを頼りに、転職していました。
でもその結果は、5回連続で転職失敗するという黒歴史です。

転職サイトも利用しましたが、トラウマ級の出来事があり、封印していました。
(このトラウマはのちほど詳しく書いてあります)

けど5回目の失敗後、看護学校時代からの友人に半強制で転職サイトに登録。
これが元でようやく転職に成功したという経緯があります。

ダメダメな私ですが、実際にいくつもの転職サイトを利用した経験があり、その良さも悪さも知っています。

だからこそ分かったことがある!
それを伝えたい!

そしてここから本題です!

転職サイトはどこがいいのか?


答えは簡単です。
大手です!

身も蓋も無い法則ですが、転職サイトは大手が鉄板です!

中小の転職サイトだけはやめましょう。
私みたいに「人生を狂わされた」って人が結構いますので・・・。

なぜ大手がいいのか?

理由は3つあります。

1.求人がすげー!
2.内情提供がすげー!
3.気楽!

バカっぽくて申し訳ありませんが、利用した率直な感想であり、実体験です。

では順番に見ていきましょう。

大手は求人がすげー

みなさんは、こんな求人ないかなーって思った事ありませんか?

給料が良く、
家から近く、
残業が無く、
有給が取れて、
電子カルテで、
勉強会が無く、
勉強しなくてもOKで、
委員会も無く、
夜勤が週1で、
しかも仮眠が2時間あって、
ヒマで仕事が少ない

私はあります!!!(クズ)

でも現実としてそんな求人ほとんどありませんでした。
求人誌はブラックばかりだし、ハローワークは年中同じ求人しか出てないし、病院を紹介してくれるような友達もいないし、求人サイトもパッとした求人が無い。

こんな状況が何ヵ月も続けば
「疲れた・・」
「早く転職したい・・」
「条件合わないけど・・」
って感じで転職を焦ってしまい失敗するパターンに(それ私!)

ですが、そんな状況でもすげー求人を見つける方法がありました。

そう!それが大手の転職サイトです。

大手転職サイトに登録すると、求人がバンバン送られてきます。

しかもかなり条件が良い求人。
「え?すごくないこの求人」ってなります(私はなった!)

「でも良い求人なんてあるわけない」
「結局ハローワークと同じ求人ばかり」

そうですよね。私もそう思ってました。

でもそれは間違いです。
良い求人はあるところにはあるし、結構ゴロゴロと転がっていました。

例えば「37歳で4回も転職に失敗しキャリアがボロボロで、向上心もやる気もない」っていう看護師がいたらどう思いますか?

終わってますよね?(コラ!)
大手の転職サイトは、そんな私でも1発逆転できたくらい、良い求人が出てきました。

でも「なんで大手の転職サイトには、良い求人があるの?」って思いますよね。

その理由は、大手転職サイトが「非公開求人」を持っているからです。

「非公開求人とはなんぞや?」

それではまず非公開求人をかんたんに説明しておきましょう。
非公開求人とは「表に出せない求人」です。

なぜ表に出せないかといえば、表に出ると色々面倒が起こるからです。
例えば病院側は「いま看護師不足で人を増やしたいけど、なかなか集まらない」といった場合、「給料をチョット上乗せして募集したい」と思うでしょう。

けどもしそんなことをすれば、どんな事態になるか?

今働いている看護師から大ブーイングが起きて、大変なことになりますよね。
だから病院はコッソリと募集したいのです・・・。
このご時世そういった要望が多いのだそうです・・・。(大人の世界ですね)

このように非公開求人とは、表だって出せない待遇の良い求人のことです。

ただここで1つ疑問が沸きませんか?
そう「ハローワークや看護協会に非公開求人はないの?」という疑問です。

はい。ありません。

公共系の職業安定所は、求人を全ての人へ平等に公開しているため、こういった非公開求人を持ってないからです。

だから公共系の所は、条件が悪い求人ばかりになる。
その結果としてみんなハロワに行かなくなるし、実際に私は大手転職サイトを知ってから全く行かなくなりました(行く価値を感じなくなったから)

でもここで疑問が沸きますよね。
「大手転職サイトにしか非公開求人はないの?」
「小さな転職サイトにもあるんじゃないの?」

確かに大手以外の、中小の転職サイトでも非公開求人を持っていました。

しかしその量はかなり少ないです。
例えば、中小の転職サイトは、求人を1枚ずつしか出してきません。
1つ出しては熱心にそれを勧めてきます。
それはたいそう熱心に・・・。
例えば、私の希望条件に合わないため、出された求人を断っても、熱心に「この病院はココが良いんですよ!」と力説され、それを断ってもさらに「いえいえ。実はこの病院・・」としつこく食い下がってきます・・。

なぜ中小の転職サイトはこんなにもしつこいのでしょうか?

カンの良い方はお気づきかもしれませんが、その通りです!
中小の転職サイトは、非公開求人をほとんど持っていないからです。

私「チョットさすがにこの病院はないんで、他に求人はないですか?」
小「うーん。ちょっと他は厳しいですね・・・。正直年齢も年齢ですし・・・」
私「うるせーよ!まだ37歳だよ!そりゃねーだろ!まあ仮に百歩ゆずってババアだと認めよう!けどねそこを何とかするのがプロってもんだろ!(私の心の声)」

このように中小の転職サイトは、求人を1つ2つしか紹介してくれず、そこに全てをかけて1点突破してきます!
1点突破って聞こえはいいですが、ナースから見ればかなり迷惑でした・・。

逆に大手は、非公開求人をバンバン紹介してくれます。
「キミの条件に合いそうな求人をメールで全て送るから、その中から良さそうなのを選んでね」というスタンスです。

しかも大手は「チョット希望からズレるけど、こんな良い求人もあるよ」と、私の視点を広げてくれるような求人も教えてくれました。

例えば、こんな感じです。
「引っ越しが必要だけど月収35万」
「未経験の診療科だけど月収38万」
「夜勤月10回以上。でも月収45万」
(給料押しの紹介が多かった!)
(たぶん私が給料の話ばっかりしてたからだと思う・・。クズ!)

中小で少ない求人の中から選ぶのか?
大手で沢山の求人の中から選ぶのか?

どちらが良いかは、人によって様々だとは思いますが、私は断然「沢山の中から選ぶ」ほうが合っていました。

この辺りの感覚は、試しに一度、大手転職サイトに登録してみればすぐにわかります。

さて。ここまでを一旦まとめます。
「転職サイトは、大手が鉄則」
「非公開求人を沢山持っているから」
「良い求人はほぼ非公開求人だった」

はい。いかがでしょうか。
大手は求人が大変良かったです。
けど運よく良い求人を見つけられても、まだ不安がありますよね。
だって実際に働いてみないと、その職場が自分に合うかどうかなんて分からないですから。

そこで次の「大手は内情が分かってスゲー」を見ていきましょう。

大手は内情提供がスゲー!

みなさんは、事前に職場の内情を知りたいって思ったことありませんか?

どんな病院なの?
実際の内情は?
人間関係は?
具体的にどんな仕事?
夜勤はどのくらいの頻度?
夜勤手当額は?
有給は取れる?
寮の家賃はいくら?
ボーナス額は?
残業代は出るの?
実際の手取りは?

私はあります!!!(金重要!クズ!)

病院の中のことって、転職して初めて分かりますよね。
だから「うわーマジか!!!知ってたらこんな所就職しなかったよ!」ってことがよく起こります。

この辺りのイメージのズレが「転職で失敗した!」と思う一番の要因だと言われています。

しかし転職前にイメージのズレを解消できる方法がありました。

そう!それが大手の転職サイトです。
大手転職サイトなら、濃い内情や裏話が聞けて「え?何でそこまで知ってるの?」ってなります(私はなった!)

「でも薄っぺらい話しか聞けないんじゃ・・」
「肝心なことは教えてもらえないんじゃ・・」

そうですよね。私もそう思ってました。

だってハローワークがそうですから。
ハローワークで「はぁー今日もろくな求人無いな・・、しょうがいなからこの求人行ってるかな・・・」となったとき、ハローワークの職員さんに病院へ連絡してもらいます。
そのとき職員さんに「この病院って評判どうですか?」と聞いても、「うーん・・、良いんじゃないですかね。病院だし」としか返ってきません。
ハローワークは、こんなのばっかりでした。
ハッキリ言って何にも知らないので聞くだけ無駄です。

けど内情を知っている人は知っています。
そう。それが大手転職サイトです。

ではなぜ大手転職サイトは内情を知っていて、ハロワは知らないのか?
その答えは簡単です。
「調査しているかどうか」たったそれだけです。

まず転職サイトは、転職サポートをした看護師から情報を集めています。

入職後にどんな教育を受けたか
プリセプター有無
転属の周期
部長や師長や医師の性格
シフト体制
病棟の雰囲気
先輩後輩の関係
中途入職者にたいする風当たり
離職率
有給の取得率
長く続けられそうか
転職前のイメージと違いはなかったか
給料額
ボーナス額
仕事内容
委員会や勉強会の頻度

などなど事細かに聞くそうです。

さらに面接で誰が出てきたか、何を聞かれたか、どう答えたか、筆記試験はあったかっていう情報も集めているそうで、面接の内容も事前にドンズバで教えてもらえたりします。

対するハロワは、そんなこと全くしてないので情報が全くない状況です。
まあハロワですから・・・。

このように転職サイトとハロワでは、持っている情報量が圧倒的に違います。
「転職したい病院が決まってるから、転職サイトなんて不要!」っていう人でも、内情を知るために、転職サイトを利用する価値があるでしょう。

でもここでちょっと不思議に思いますよね。

「大手転職サイトしか内情を調べていないの?」
「小さな転職サイトも調べてるんじゃないの?」

はい。その通りです。
確かに大手以外の、中小の転職サイトでも内情を集めていました。

ただ、その情報量が圧倒的に違います。
というのも、内情を集めるには「サポートした看護師の数」が重要になります。
小さな転職サイトは、年間のサポート数が10人~300人程度です。

それに対して大手は、年間のサポート 数が10,000人~50,000人と約100倍以上も違います。
年間5万人も転職させていたら、そりゃ入ってくる情報も膨大になるでしょう。
このように、この圧倒的なサポート数の違いが、情報量の違いにも跳ね返っています。

実際、小さな転職サイトは「病院の人事の人が言うには・・」「院長が言っていたけど・・」と、病院側に聞いた話しか教えてくれません。
まあ確かにそれも重要ですが、一番知りたいのは「看護師の生の声」ではないでしょうか。

私は「看護師がそこに入職して、どんな酷い目に合っているのか、どんな苦痛を受けているのか、どれだけ不幸なのか」をじっくり聞きたい!(クズ!)

と、これは冗談としてもやっぱり看護師目線での評価を知りたいですよね。

けど中小の転職サイトは、「病院のホームページには・・・」「求人票には・・・」といった程度しか知らず、「そんなん自分で調べるわ!」 と思うことが多々ありました。

それに対して大手は、「おー!それそれ!それを知りたかったんだよ!」ことを細かに教えてくれます。

給料は低めだけど有給がシッカリ取れるようです・・
内科病棟の主任が厳しいらしくて・・
去年からまだ1人も辞めてない病院です・・
独身が多いから夜勤回数が少なめで・・
3交代制で引継ぎも勤務時間に入っているので・・
ベットメイキングや清拭は基本的に看護助手がやってくれるようで・・
この病院の給料が高い理由は・・
去年のボーナス額は・・
3年目の昇給額は・・
実際の手取りは・・
通勤手当が1日2000円まで付くから自転車で行けば・・

特にお金のことは重要ですからガッツリ聞きましょう!(クズ!)

大手は気楽

さて。
ここまで読んでいただき、大手の転職サイトは「求人がすげー」「内情調査がすげー」と、なんとなく良さが伝わったのではないでしょうか。

けど「転職サイトって、求人を押し付けられて面倒」「紹介してもらったけど、断りづらい」「やり取りが大変そう」って思っていませんか?

はい!その通りでした!
ハッキリ言って面倒だし、キレそうになります!(クズ!)

転職サイトを利用したくない理由のナンバー1がこの面倒臭さです。
求人見たいだけなのに、わざわざ向こうの事務所まで行かなきゃならないし、行ったら行ったでヒアリングと称して1時間以上も根掘り葉掘り聞かれて嫌になるし、担当者のおじさんとの世間話も地味に辛いし。
挙句の果てにはようやく求人が出てきたと思ったら、1つしかせ見てくれないという所業。
さらにその求人が微妙でも30分以上説明を受けるはめに。
「はあ、あー、なるー、へー、はー」の連続で乗り切れはするものの、興味のない求人の話を永遠と聞かされるのは、かなり苦痛でした。

「すぐに断ればいいじゃん」って思わるかもしれませんが、もちろん断りました!
でも「うーん、じゃあその点は交渉してみますよ」「なるほどなるほど、けど実は色々と手当があってですね」と、何だかんだ問題の求人から逃がしてくれないのです。

しかも何度も何度も断って、ようやく解放されたと思っても、次の日からは電話攻撃が待っていました。
「良い求人が見つかりました。事務所まで来てください!」「いつ来れますか!?」「明日はどうですか!?」「早くしないともう限界です!(意味不明)」と、毎日のように電話が鳴り、しまいには夜勤後の「着信12件あり」に恐怖を覚え、着信拒否にしたのは苦い思い出です。
(トラウマ話はさらに強烈で、もうチョット読み進めると書いてあります)

転職サイトは「狙った獲物は逃さない」感が強すぎて、気軽に登録できません。
向こうも商売なのでしょうがないとは思いますが、ここまであからさまにやられると厳しいかなと。

さて。カンの良い方ならお気づきかもしれませんが。
そうです。
これは中小の転職サイトの話です。

中小の転職サイトは、求人が少ないがゆえに、看護師に逃げられないよう、マンツーマンでガッツリとしつこいくらいに執着してきました。
彼らはそれを「親身で手厚いサポート」と呼んでいるようですが、こちら側からすれば「断っても断っても言い寄ってくるネチネチしたオヤジ」でしかありません。
苦痛はハンパないです(みんなも体験してみよう!クズ!)

しかし逆に大手は「オマエは本当に転職サイトなのか?」と疑うくらい、アッサリしていました。
ヒアリングは電話で15分。
あとは例の非公開求人がメールで送られてくるだけ。

どうでしょうか?かなりアッサリじゃないでしょうか。

でもこれこそ自分のペースで行動したいタイプの私が求めていたサービスでした!

大手は中小転職サイトと違って、良い意味で放置してくれます。
「条件に合う求人が出てきたら定期的に送るから、良さそうなのがあれば教えて」というスタンスです。
毎週メールで求人が送られてくるので、それを見て「あっこれ良いな」と思える求人があれば、担当者に連絡して、内情を聞いて、それでも「面接を受けてみたい」と思えば、病院にアポを取り付けてもらう。
実にシンプルです。

大手は、電話とメールで済むから事務所に行かなくていいし、しつこくないし、「紹介した求人は断られて当然」と思っているようなので、 「断ったら申し訳ない」という感情が沸いてきません。

中小の転職サイトは、求人が少ないがゆえに「狙った獲物は逃がさない」ヘビ型のネチネチタイプ。
逆に大手転職サイトは、求人が多いがゆえに「寄ってくるのを待つ」ネコ型のあっさりタイプ。

だから今になって思うのは「中小は紹介してもらったら、断りづらい」ってイメージしかありませんね・・。
その反面大手は、そういった面倒くささが無く「今週の求人まだやんけー!サッサと求人送ってこいやーー!クレームの電話入れたろかー!?」と、上から目線で行けます(クズ)

中小は、他人に全てを決められる拘束型のサービス。
大手は、自分で自由に決められる選択型のサービス。

どちらが良いかは、人それぞれだと思いますが、私には圧倒的に大手の自由に選択できるサービスでした。
(たぶん大半の女子は自由な選択型が良いんじゃないかと思います)

まとめます。
大手は「求人がすげー、内情調査がすげー、しかも気楽!」の3つが揃っていました。
転職サイトもやっぱり大手が良かったですね。

さてここで「トラウマ話はどうなったんだ?」って思いませんか?
分かりました!

では私のトラウマ話をご覧ください!
(物語風に語ってみました!)

転職サイトのトラウマ話

あれは忘れもしない看護師5年目の七夕の日。

私は、某ナース雑誌で見かけて登録してあった転職サイトの事務所を訪れた。
某転職サイト
2016年9月追記:気になって見に行ったらまだ存在してました・・。皆さんマジ気を付けて・・

その当時の私は、小児科に転職したいと考えていた。
ハロワに行ったり、求人誌を見たりで忙しい時期。
だから転職サイトには大して期待をしていなかった。
「もしかしたら掘り出し求人が見つかるかも」ってくらいの軽い気持ちだったと思う。

雑居ビルの中にある事務所に入ると60歳くらいの白髪交じりの初老のダンディーな男性が対応してくれた。
事務所には、このダンディーと50歳くらいの事務のオバサンの2人だけだった。
このダンディーが転職サイトのオーナーだった。
転職サイトのオーナーである通称ダンディー氏
(こんな感じ。通称ダンディー)

それから私は、年季の入った茶色いソファーに座らされ、ダンディーと軽い雑談をしたあとに「小児科 」を探していると伝えた。
ダンディーは話を聞き終えると、事務所の奥に行き、一枚の紙を手にして戻ってきた。

「これなんてどうかな?」

ダンディーがそういって差し出した紙には「療養型病棟」と書かれていた。
あれ?さっき小児科って言っのに何か勘違いした?
しかもこの病院は、患者さんへの虐待でニュースになった悪名高きところ・・・。
流石にこれは無い・・・。
いきなりで申し訳ないけど、断って違う求人を出してもらおう。
そう思いこう言った。

「あっ私は小児科を探してまして・・。これはちょっと違うかな・・・」

しかしダンディーの回答は遥か上をいっていた。

「小児科もいいね。キミ若いから療養型も合ってるんじゃないかな。」

「え?」

今思えばダンディーは、雑談のときから私の話をほとんど聞いてくれなかった。
でもダンディーの異常さに気が付きつつも、このときはまだ何とかなるって思っていた。
小児科以外への転職は、まったく考えてもいなかったし。

「でも小児科で働きたいんです・・」

「なるほど」

ダンディーはそう答えるとまた事務所の奥に行き、1枚の紙を手にして戻ってきた。
そこには「特別養護老人ホーム」と書かれていた。

「これなんてキミにピッタリじゃないかな。ここは若い看護師が少ないから人気者になれるよ」
「ここの理事長は〇〇さんと言ってね、うちとは懇意にしているから色々融通もきくよ」
「キミならすぐ内定が出るだろうから、退職日は8月末がいいかもね」

話をあれこれ進めていくダンディーに「この人ちょっとヤバい・・!」と焦り始める私。

「いえ・・・でもちょっと老人ホームは・・・」
「うんうんそうだよね。たとえばこの2つだったらどっちの求人が良かった?」
「あ・・・うーん・・・、まあ老人ホームかな・・・」
「うんそうだよね、良い条件だよね」

話をうまくかわされ、しかも私が自分の意思で老人ホームを選んだかのような話術。

「じゃあ、これにする?」

ダンディーがこう言った瞬間、血の気が引いたのを今でも覚えている。

その後、気が付いたらダンディーは老人ホーム電話をしていた。

それから1時間後。

私は老人ホームで面接を受けていた・・・。

履歴書すら書かなかったが、断るきっかけも無いほどスムーズに進んでしまう。

そして9月1日。
私は老人ホームで働いていた。

結局その老人ホームで3年も働き、気が付けばアラサーになっていた・・・。
その後は、ズルズルと転職を繰り返すハメに・・・。
夢だった小児科は、夢のまままだ一度も働いたことがない・・・。

「じゃあ、これにする?」
あの時のダンディーの無表情な笑顔は、今でもたまに夢に出てきて汗だくになるくらいトラウマになった。

私が経験から学んだ「転職サイトを選ぶポイント」

小さな転職サイトだけは止めておきましょう!
お姉さんとの約束だ!

どうしてもというなら止めやしない!
人生を終わらせる覚悟を持って転職に臨むのもいいでしょう!

ただしこれだけは言わせて!

「転職サイトは、大手にしておけ!」

求人をたくさん持っていて、病院の内情に詳しく、なによりも気軽に利用できるから、転職の失敗がかなり減る!

アパート選びみたいに「地域密着の不動産屋なら掘り出し物件あるかな?」なんて、甘い考え方をしちゃいけません。
たしかに冒険をしたいのなら、小さな所もいいでしょう。
けど人生を左右する転職で冒険するのは、リスクが大きすぎです。

私はそれを身をもって体験したし、人生をかなり狂わされました(本当に後悔してます・・)

転職は安定重視!
無茶するな!
一番安全な大手を選ぶべし!

私が使ってよかった転職サイト3つ

私は、これまでの転職で5つの転職サイトに登録しました。
そのうち2つは、紹介する価値もないので書いていません。
良かったところ2つ。
まあまあだったところ1つを紹介してみます。
ご参考までに。

1番良かった「看護roo」

業界最大手。
株式上場もしている大企業。
看護師以外にも、医師、薬剤師など医療系の人材サービスでトップ企業らしい。
看護師向けの掲示板とかアプリ「ナスカレ」も有名。

利用した感想。
求人を沢山送ってくれました。
希望にマッチするものから、希望とはちょっとズレるけど良い条件の求人とか色々。
条件もかなり良いのが多かったです。
正直ここまで良いと、ハロワ行ったり求人誌を買ったりがバカらしくなったりも(ハロワごめん!)

内情にも詳しかった。
私は良さそうな求人があるたびに、色々と聞いていた。
毎年2万人以上の看護師を転職させているらしく、情報量がとにかくすげーです。

「実際の仕事内容」「最近の離職率」「師長がどんな人か」「手取りの給料額」「残業がどのくらいあるか」「採用後にどんな教育を受けるか」「中途採用者の扱い」など色々聞けちゃいます。
これだけ聞ければ「やっぱりやめておこう・・」「たぶんやっていけない・・」「おっ予想以上に私に合ってるかも」ってのがイメージできますよね。
この内情提供だけでも看護rooに登録する価値があると思いました。

一番気楽に利用できました。
ネットで登録(3分)、
電話で条件伝えて(15分)、
あとは定期的にメールで求人を送ってくれるだけ。

「良い求人があれば教えてねー」って感じで放置されるので、焦らされることもなく、とても気楽でした。

気になる求人があれば電話で内情も聞けますし。
基本、電話だけで済んじゃいます。

何気に、この気楽さが看護roo最大の売りかもって思いますね。

ただ、そんな看護rooにも1つ注意点が。
関東、関西、東海限定です。
それ以外のエリアは、求人がほとんどないらしいのです。
ただその分「関東、関西、東海 」に関しては、他サイトよりも求人も情報量も濃くなってる印象を受けました。

ちなみにですが転職サイトはどこも無料です。
私は看護rooの求人から転職したけど、最後まで本当にお金を払ってません。
(病院が料金を払っているから看護師は無料だとか)

看護rooのまとめ
看護rooは、とにかく気楽に利用できるのが良かったです。
しかも自分に合った求人を送ってもらえて、病院の裏側も知れて、さらには無料。
とりあえず登録しておかなきゃ損です!

※追記:私が使ったときは利用満足度が80%ほどだったが、今サイトを確認したら95%を超えていたので、さらに良くなっているらしいです。

看護rooのイメージです

ここも良かった「看護のお仕事」

人材業界大手。
医療系では看護rooが強いけど、「看護のお仕事」も良かった。

利用した感想。
求人はまずまず。
沢山送ってくれる。
けど看護rooほどのインパクトがチョット薄かった。

内情は良かった。
看護rooと同じように色々教えてもらった。

気軽さも〇
基本放置してくれて楽だった。

内情に詳しくて、気軽に使えたけど、求人で看護rooに一歩負けている感じ。
ただ看護rooとは違った求人も送ってくれるから、両方利用して良かったと思っている。
あと全国の求人があるそうなので、看護rooのエリア外の人にもおすすめできる。

看護rooと同じく、「看護のお仕事」もとりあえず登録しておくことをオススメします。

看護のお仕事のイメージ画像です

まあまあ「医療ワーカー」

誰もが知る大手。

利用した感想。
求人はそこそこなんだけど、「看護roo」と「看護のお仕事」が良すぎて、イマイチ影が薄かった。
登録はしたものの、ほとんど利用せず・・。
そのため内情も聞いてない・・。
ただ気軽ではあった。

一応、登録しておいても損はないかな。

最後に・・・

転職するなら、大手の転職サイトが良かったです。
大手は、気楽に利用できるから「自分で自由に決めて転職したい」って人にオススメです。

大手の中でも看護rooは求人も内情提供も、気楽さも良かったので特にオススメです。
迷ったらとりあえず看護rooが無難じゃないかなと。

それでは転職がんばって!
それじゃ!