看護師の転職サイト体験談。失敗レポート4選

d55d3fe2ed2d5c7e581b53a62612c52f_s
転職を考えている看護師さん、こんにちは。

みなさんは転職サイトを利用していますか?
今や転職サイトはハローワークや求人誌と同じくらいの利用者がいるそうですよ。

今回は実際に転職サイトを利用した看護師さんたちの体験談をご紹介します。
成功談だけではなく、失敗談から得るものも実は多いんです!

それでは4人の看護師さん!ご紹介よろしくお願いしま~す。

夫の転勤で転職 成功

M.Tさん(女性40代)
小児科5年、内科2年、整形2年

これまで転職を2回したことがあります。
1度目はハローワークを利用し、2度目の転職では転職サイトを利用しました。

転職前の勤務先

個人病院の内科で、病棟勤務をしていました。
いつも看護師の数が不足していて、人員確保に奮闘している病院です。
私にとっては、急変が少ない慢性の患者さんが多く、ゆっくり患者さんと向き合って仕事が出来る働きやすい病院でした。

転職を考えたきっかけ

夫が遠方に転勤となり、辞めざるをえなくなりました。

実際に行った転職活動

登録をした転職サイトは1社、看護rooです。

転居をする前から登録して探し始めていましたが、転職サイト登録と同時にハローワークでも探していました。
しかしハローワークでは、あまり良い求人に巡りあうことが出来ませんでした。

転職活動の結果

転居する3ヶ月前から求人を探し始め、1ヶ月半前には病院を絞り込みました。
1ヶ月前に住居を探しに行くと同時に、病院の面接も受けました。
私の希望する院内託児所がある病院です。
面接の際に見学をさせてもらい、納得したうえで転職しました。

転職活動をしてみて

給料に関することや雇用条件などを自分で直接聞くのではなく、転職サイトの担当者を通して聞いてもらいました。
聞きづらいことも多くあったので良かったです。
また履歴書や職務経歴書を添削してもらえたことも助かりました。

転職サイトを上手く利用するには

やはり自分の条件を明確にしておくことだと思います。
そうするとそれに見合った求人を紹介してくれますから。
また分からないことは担当者と話をしたり、信頼関係を作っておくことも大切だと思います。

子育て中に再就職 失敗

G.Yさん(女性30代)
大学病院産婦人科・小児科病棟3年、公立病院産婦人科・内分泌内科病棟3年、クリニックや大学保健センター、デイサービスなど10年以上の勤務経験あり

看護師、助産師、保健師、養護教諭の資格を持っています。
現在は子育てをしながら、大学の非常勤講師として勤務しています。

転職前の勤務先

大学病院や公立病院の産婦人科、小児科、内分泌内科などで勤務していました。
また産婦人科クリニック、大学の保健センター、デイサービスなどでの勤務経験もあります。

転職を考えたきっかけ

妊娠、出産をきっかけに仕事を辞めたのですが、子育ても少し落ち着いたので再就職を考えるようになりました。
その際友人から転職サイトの話を聞き、勧められたこともあって登録しました。

実際に行った転職活動に

転職サイト1社に登録しました。
その他にハローワークでの求人情報は、定期的にチェックしていました。

転職活動の結果

転職サイトからの情報で、自宅から近く、週1回~での勤務でもOKという求人がありました。
「1度見学を」とのことだったので、軽い気持ちでその病院に行ったのですが・・・実際は面接でした。
「一応履歴書を持参してほしい」と言われていたので、その時点で気づくべきでしたね。
人手不足のため、ろくに話もしないまま採用決定になってしまい、断ることもできないまま翌週から勤務することが決まりました。

しかし実際に勤務してみると、休憩時間もなくトイレに行くのもやっと。
更衣室はゴミ捨て場の一部になっているなど、ありえない労働環境でした。
はっきり言って期待が持てる環境ではなかったので、すぐ辞めてしまいました。

その後、転職サイトの登録は抹消しています。

転職活動をしてみて

登録した際に担当者と話をしたのですが、あまり看護業界をわかっていないような感じで、かなり不安になりました。
私の担当者がたまたま悪かったのか、その会社自体に問題があるのかわかりませんが・・・。

またあまり考える時間をくれず、「人気の病院で・・・」とか「こんないい条件はありませんよ」と早くに返事を求めてきました。
じっくり考える時間があまりなかったように思います。

転職サイトを上手く利用するには

気になる病院の求人情報が掲載されていたので登録したのですが、後日「その求人は終了している」と連絡がありました。
サイトに掲載されている情報の中には、消し忘れなのか募集がすでに終了している場合もあるようです。
うまく利用するには、転職サイトに登録している人の話などをたくさん聞いた方がいいと思います。
まずは転職サイトをしっかり見極める事。
そして、転職に際しての自分の条件をはっきり提示することが重要です。

転職サイトの担当者は、言葉巧みに話を進めてきます。
あまりに急がせるような会社はオススメしません。

婚活のため転職希望 失敗

D.Kさん(女性30代)
総合病院7年

会社員の夫と2人の子供がいる主婦です。
主に総合病院に勤務していました。

転職前の勤務先

総合病院の内科病棟に勤務していました。

転職を考えたきっかけ

結婚したいという気持ちがあり、仕事よりも婚活に力を入れたいという状況になったからです。
習い事を本格的にやりたい同僚が、昼間の勤務は都合が悪いということで、夜間専従ナースとして働き始めました。
それを見て「私も自分に合った働き方をしたい」と思いました。

実際に行った転職活動

ナース人材バンク、ナースではたらこ、ナース専科の転職サイト3社に登録しました。
その他にハローワークも利用しました。

転職活動の結果

結果的に登録のみに終わり、転職はできませんでした。
登録したものの勧められた病院がどうしても気にいらず、また担当者のぐいぐいくる感じに不信感を抱いたからです。
連絡も頻繁にあって、ちょっと引いてしまいました。

そのうち結婚・出産で、転職する前に病院を辞めました。

転職活動をしてみて

どの病院がよく求人を出しているのかわかったのは良かったです。
人材確保がしずらいという病院は、何かしら問題があると感じているので、そこは避けるようにしていました。

現在は子供が2人いますが、もう少ししたら仕事に復帰したいと考えています。
少しずつ情報を集めている段階ですが、田舎は求人自体が少ないです。
都会に比べて働き方の選択肢も少ないし、今回の転職活動も厳しいかもしれません。

転職サイトを上手く利用するには

病院側の情報をたくさん持っている、その病院のメリットだけでなくデメリットも伝えてくれる会社を見つけたいですね。
相性のいい、デキる担当者さんと出会うことも大切だと思います。
私は今後のことを考えて、地方に強い転職サイトを見つけたいと思っています。

転居のため転職 失敗⇒成功

I.Rさん(女性20代)
外科4年、内科1年

新卒で4年外科病棟で働き、その後転居のため他病院に転職しました。
その際に転職サイトを利用しました。

転職前の勤務先

総合病院

転職を考えたきっかけ

転居のために、勤務先を退職することになったからです。

実際に行った転職活動について

転職サイト3社に登録しました。
1.ナースではたらこ
2.ナース人材バンク
3.看護のお仕事

転職サイトのみで転職しました。

転職活動の結果

転職先の条件として、
・残業少ない
・給料が良い
・人間関係が良い
・長く働くことができる をあげていました。
半年ほどで条件の合う求人に出会い、無事転職できました。

実はその前に、別の病院に転職しています。
条件に合った紹介だったのですが、いざ入職すると条件とは異なっていました。

数カ月前に病院の経営方針が変わってから定時帰宅はなし⇒残業ばかりになった。
人間関係はうわべだけ⇒お局的な人が新人いじめ、すぐ辞める人多数。
20年以上働いている人が多い、新しく入ってくる人の定着率悪い⇒平均勤務年数8年と長くなる

給料は確かに良かったですが、他の条件が実際は違いすぎて、早々に退職しました。

転職活動をしてみて

自分の条件に合う病院を、集中的に紹介してもらえたことがよかったです。

ただ転職自体が初めてのうえ、土地勘がない場所での転職だったため、転職サイトに頼りきってしまいました。
条件にちかい転職先をいくつか紹介してもらい転職するに至っても、上記のように失敗もしました。
実際の職場環境と異なった募集も、残念ながらあるようです。

転職サイトを上手く利用するには

3社以上の転職サイトに登録をしておくべきです。
気になる病院は事前に自分で調べておき、転職サイトには気になる病院についての情報提供を求めましょう。

転職サイト側がごり押ししてくる病院があるのですが、その場合は要注意です。
かなりの人手不足だったり、すぐ辞めてしまうなど、病院側に問題があることが多いです。
そのようにごり押ししてくるサイトや担当者に当たった時は、うまく断って利用しないようにしました。

まとめ

いかがでしたか?

転職サイトは、あなたの希望する条件に合った病院を紹介してくれます。
いい担当者さんに出会えれば、必ずあなたの心強い味方になってくれるでしょう。

転職を希望する人の大きな助けとなる転職サイト
ぜひ利用してみてくださいね。